Java Scriptの基礎知識



よく聞くJava Scriptというもの、一体なんなのか。
Java Scriptというのは一種のプログラム言語です。
サーバー上でなく訪問者のブラウザ上で実行されます。
とは言っても何のことだよという感じですよね。
慣れてくれば自然と理解できる物なのでまずは流れを見てみましょう。
ちなみにHTML理解出来ていない場合はJava Scriptに手を出すのは早いかと思われます。
では仕組みの方を。


<script language="JavaScript">
JavaScriptプログラム
</script>
HTML内にこのような形で組み込みます。
しかし、ここで気をつけなければならない事があります。
訪問者がJava Scriptを実行できないブラウザにある場合、
どうなるかを考えると、HTMLを解っているならばすぐに想像つきますよね。
もちろん文章としてそのまま表示されてしまいます。

ということで、一般的な形としては
<script language="JavaScript">
<!--
JavaScriptプログラム
// -->
</script>
として、実行されない場合、ソース内のメモとして扱うよう指定します。
ちなみに改行せず<!--〜〜〜// -->と書き込むとそのままに示す通りただのメモになり実行されないので気をつけましょうね。




最も単純なJava ScriptとしてJavaで「文字を表示させる」という方法があります。
<script language="JavaScript">
<!--
document.write("★");
// -->
</script>
★には表示させたい文章を書きます。
例はこちら↓

ソース (テスト書き込み可)
あなたのホームページ - Internet Explorer
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) お気に入り(A) ツール(T) ヘルプ(H)
ホームページ作成中。頑張ります!
















お疲れ様です。説明はこれだけで終わりだったります(笑)
というよりこの仕組みだけ知っていれば十分対応できると思います。
何故説明がこれだけなのかと言うと、Java ScriptというのはC言語と呼ばれるものに精通したプログラミング言語なので完璧にマスターしようものならその道で生きて行くことができます。
故に初心でマスターしようなど無理なので様々なサンプルから実際に触れてみるのが一番なんですよね。