検索ワードの設定
<meta name="keyword" content="ワード1,ワード2,ワード3">
<html>
<head>
<meta name="keyword" content="タグ,辞典,HTML">
<title>あなたのホームページ</title>
</head>

<body>

</body>

</html>


あなたのホームページに関連するキーワードを設定することで、検索エンジンからヒットさせやすくします。
検索エンジンに表示し易くする
<meta name="robots" content="index,follow">
<html>
<head>
<meta name="robots" content="index,follow">
<title>あなたのホームページ</title>
</head>

<body>

</body>

</html>
検索エンジンのサイト収集ロボットにここのサイトを登録してねという意味を持つメタタグです。
とは言うものの、これが無ければ登録されないというわけではありません。
そして、あっても無いよりはマシだろうという程度でしか効果は得られません。
検索エンジンに表示させない
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NONE">
そのページと、そこからリンクしている全てのページを制限します。
ゆえに、「サイトそのものを登録しないでね」という時に便利。
もしくは
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,NOFOLLOW">
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="INDEX,NOFOLLOW">
そのページのみを許可し、そこからのリンクを制限する。
「index.html」に使うと便利です。
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOINDEX,FOLLOW">
そのページを制限し、そこからのリンクを許可する。
使い用途は思いつきませんが、とりあえずこんなのもあるという事を。
<html>
<head>
<meta name="robots" content="noindex,nofollow">
<title>あなたのホームページ</title>
</head>

<body>

</body>

</html>
検索エンジンのサイト収集ロボットにここのサイトを登録するなという意味を持つメタタグです。
検索エンジンにそのページを表示させたくない時に使います。
nofollowによりページ内のリンク先も巡らせないので効果的です。
使用例: 隠しページ
サイト内コンテンツとして隠しページを作ったにも関わらず、検索エンジンで簡単に見つけられてしまったらガッカリですよね。








ページを自動更新
<meta http-equiv="refresh" content="◆">
<html>
<head>
<meta http-equiv="refresh" content="360">
<title>あなたのホームページ</title>
</head>

<body>

</body>

</html>

◆=秒
文字化けをふせぐ
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=★">
<html>
<head>
<META HTTP-EQUIV="Content-Type" Content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>あなたのホームページ</title>
</head>

<body>

</body>

</html>


★=  
Shift_JIS シフトJIS
ISO-2022-JP JIS
EUC-JP EUC
us-ascii US ASCII
iso-8859-1 Western
=iso-8859-2 Central European


Yahoo!ジオシティーズの場合は少々ややこしく、
このタグを書き込まないことを推奨しています(-ー
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/common/view/view-08.html